ソクラテスとプラトンの世界

 さて、今回の『ソクラテスとプラトンの世界』という作品は、「ソクラテスの弁明、第七書簡、歴史上のソクラテス」と『プラトンの世界』とを統合したものであり、まず、「ソクラテスの弁明」では、まだ若い二十八歳のプラトンは、ソクラテスの裁判に臨んで、一体、どのような心境であったのか? また、「第七書簡」では、プラトンは、なぜ、ソクラテスを主人公(或いは登場させた)作品で後年まで押し通したのか? そして、「歴史上のソクラテス」では、実際のソクラテスという人は、一体、どのような人物であったのか? それを『饗宴』の中の「ソクラテス賛美」の本文から読み解いたものであり、また、「無知の自覚と自然の問題」では、若いソクラテスは、なぜ、「自然」から「人間探究」へと向かったのか? また、「イデア論」への「六段階」では、プラトンは、なぜ、「イデア論」というものを必要とし、それを華々しく展開しなければならなかったかの考察であり、そして、「無知の自覚」と「イデア論」との関係では、ソクラテスが愛求した「真知」と、プラトンの「イデア界」の「イデア」とは、やがて一体化し、一つに深く重なり合うという考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
.30 2016 未分類 comment0 trackback0

04/29のツイートまとめ

paidonsp

プラトンの世界 #puboo https://t.co/8lc1maj3nuこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-29 21:23

ソクラテスの弁明 第七書簡 歴史上のソクラテス  #puboo https://t.co/pD15tg2Ivpこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-29 07:13

.30 2016 未分類 comment0 trackback0

04/28のツイートまとめ

paidonsp

交流欲 (完全版ⅠⅡⅢ) #puboo https://t.co/oupd4OrOhBこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-28 05:36

交流欲 Ⅲ (人間と「自然界」との交流) #puboo https://t.co/Bg12stfFr6この「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-28 05:09

交流欲 Ⅱ (人間と「動植物界」との交流) #puboo https://t.co/K6YHebnpy1この「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-28 04:56

交流欲 Ⅰ #puboo https://t.co/STyv1OW9icこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-28 04:38

.29 2016 未分類 comment0 trackback0

交流欲 (完全版ⅠⅡⅢ)

 さて、今回の「交流欲」(完全版ⅠⅡⅢ)というのは、「交流欲Ⅰ」と「交流欲Ⅱ」それに「交流欲Ⅲ」のすべてを統合したものであり、その「内容」は、次のようなものになります。
 まず、「交流欲Ⅰ」は、「人間と人間界との交流」(それは、①人間と人間との交流、②人間と社会との交流、そして、③人間と人工物との交流)に分類できるが、①「人間」との交流では、そもそも「心」というのは、一体、何を求めているのかという考察であり、②「社会」との交流では、政治、経済、様々な出来事、その他、様々な社会現象との交流であり、③「人工物」との交流では、そもそも「人工物」とは、一体、何かの考察になっています。
 次に、「交流欲Ⅱ」は、「人間と動植物界との交流」(それは、①人間と動物との交流、②人間と植物との交流、そして、③人間と古生物との交流)に分類できるが、①「動物」との交流では、特に「愛玩動物」(ペット)について、②「植物」との交流では、特に「植物」にとっての「花とは何か」について、そして、③「古生物」との交流では、いわゆる「地質時代」についての考察になっています。
 そして、「交流欲Ⅲ」は、「人間と自然界との交流」(それは、①人間と自然との交流、②人間と自然物との交流、そして、③人間と宇宙との交流)に分類できるが、①「自然」との交流では、地球全体の構造をはじめ、例えば、海や山、河川や湖沼(こしょう)、その他について、②「自然物」との交流では、土、水、空気、岩、石、砂、その他との交流、③「宇宙」との交流では、宇宙の誕生や素粒子の世界などの考察になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.28 2016 未分類 comment0 trackback0

04/26のツイートまとめ

paidonsp

ソクラテスの「産婆術」について #puboo https://t.co/h7JEwuAvwEこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-26 12:07

ソクラテスの「ダイモンからの合図」 #puboo https://t.co/6PuqYTPg2Oこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-26 12:05

ソクラテスの「没我的思考」について #puboo https://t.co/7Xk6xRFuPVこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-26 12:04

.27 2016 未分類 comment0 trackback0

四つの難題の解明の旅

 さて、今回は、ソクラテスに関する「四つの難題」の解明の旅として、一つは、ソクラテスと「デルポイの神託」、一つは、ソクラテスの「没我的思考」、一つは、ソクラテスの「ダイモンからの合図」、そして、もう一つは、ソクラテスの「産婆術」についての、それぞれの「徹底した考察」を一つに結集したものであり、この「四つの難題」が真に解明されない限り、歴史上のソクラテスを真に理解することはでき得ないものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.26 2016 未分類 comment0 trackback0

04/24のツイートまとめ

paidonsp

ソクラテスと「デルポイの神託」 #puboo https://t.co/j8Sfm9ILmrこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-24 17:48

ソクラテスの世界 Ⅰ (「哲学遍歴」「知的遍歴」その他) #puboo https://t.co/F8Ko9ZNtJLこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-24 08:40

.25 2016 未分類 comment0 trackback0

ソクラテスと「デルポイの神託」

 さて、今回は、ソクラテスに関する「四つの難題」のうちの一つである、ソクラテスと「デルポイの神託」についての考察であり、それは、デルポイの神託により、ソクラテスより知恵のあるものは誰もいない、ということを、友人のカイレポンから聞いた時から始まるものであり、それを聞いたソクラテスは、一体、何を神は言おうとしているのだろうか。一体、何の謎をかけているのだろうか。なぜなら、自分は、大にも小にも、知恵のある者なんかではないのだと自覚しているのだから。そこで、その「神託の真意」(謎かけ)をぜひとも解明したいと思うわけである。そして、長いあいだ思い迷ったあと、やっとのことで、ある「考え」がふと思い浮かぶことになるが、そのふと浮かんだ「考え」(思いつき)こそは、それ以前とそれ以後のソクラテスの人生を大きく変えてしまう決定的なものになるとともに、ソクラテスの「哲学遍歴」の第一歩ともなるものであり、ソクラテスの人生を大きく変える「原点」ともなった「デルポイの神託」についての徹底した考察であり、ソクラテスの有名な「無知の知」なども出てきますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.24 2016 未分類 comment0 trackback0

ソクラテスの世界 Ⅰ (「哲学遍歴」「知的遍歴」その他)

 まず、最初の「哲学遍歴」では、かの有名な「デルポイの神託」のお告げが、ソクラテスの人生をどのように変えたのか。また、「知的遍歴」では、若い時のソクラテスの「知的遍歴」とはどういうものだったのか? また、ソクラテスは、どういう人を「知者」と考えていたのか。また、いろいろな人との「対話(吟味)活動」のなかで、ソクラテスは、一体、何を一番大事と考えたのか? また、歴史上のソクラテスは、「正義」をどう考えていたのか? さらに、最後は、『国家』編の中に出てくる「正義と不正」についての徹底した考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.24 2016 未分類 comment0 trackback0

04/22のツイートまとめ

paidonsp

愛着について、作者と作品、芸術鑑賞について #puboo https://t.co/0JTPn6Wpvoこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-22 10:28

.23 2016 未分類 comment0 trackback0

愛着について、作者と作品、芸術鑑賞について

 さて、今回は、「愛着」についての考察であるが、例えば、音楽、子供の頃、食べ物、言葉、人物、趣味、道具、家族、郷土、その他、いろいろと具体的な例を挙げて、その「愛着」の本質を分かりやすく説明しているとともに、一方、「作者と作品」では、「作品」は、どのようにして生まれて来るのか、また、その「作者」と「作品」との関係は、そして、「芸術鑑賞」では、一体、「芸術や芸能」をどのように見聞き鑑賞すればよいのか? それらを分かりやすく説明していますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.22 2016 未分類 comment0 trackback0

04/20のツイートまとめ

paidonsp

「言葉」と「読書」 #puboo https://t.co/9Hnz3KcbcHこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら訪ねて見てください。
04-20 10:55

.21 2016 未分類 comment0 trackback0

「言葉」と「読書」

 まず、「言葉Ⅰ」では、いかに言葉が大事かを考察し、それは、「言葉」というのは、より正確に、より厳密に使うことによってこそ、初めて、物事をより正確に、より厳密に「判断し、評価し、認識する」ことができ得るようになるのであり、逆に、「言葉」というものを、いいかげんに、あいまいに使っている限りは、いつまでたっても、あいまいでいいかげんな「判断、評価、認識」しかできないということである。また、「言葉2」では、「おしゃべり」と「話をする」それに「文章を書く」についての基本的な「考察」であり、また、「読書1」では、そもそも「読書」とは、一体、何のために行なうものなのか? そのことに関する「対話形式」での考察であり、そして、「読書2」では、まさに「一読→精読→味読(熟読)→愛読」へと向かう本格的な「読書論」になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.20 2016 未分類 comment0 trackback0

04/18のツイートまとめ

paidonsp

映像化時代 #puboo https://t.co/Ost5jjKqnaこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-18 11:34

.19 2016 未分類 comment0 trackback0

映像化時代

 まず、「映像化時代」とは、一体、どういう時代であり、「映像」とは、一体、どのようなものになるのかという具体的な考察であり、それは、まず、テレビの持つ「長所や特徴」などを初めとして、テレビの推移や映像の流れとは、一体、どういうものなのか? また、潜在意識とコマーシャルとの関係、そして、子供への影響、その他の考察であり、それらに加えて、「人間の眼」と「カメラの眼」との根本的な違いについての「一般的な考察」であり、そして、最後は、「従来のメディア」と今日の「インターネット」との圧倒的な「違い」についての基本的な考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.18 2016 未分類 comment0 trackback0

04/17のツイートまとめ

paidonsp

恐怖と勇気、ソクラテス賛美、「脳の発達」と「心の発達」との関係 #puboo https://t.co/JG6lIU4ShYこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-17 04:48

.18 2016 未分類 comment0 trackback0

熊本大震災

 このたびの「地震災害」に見舞われた方々に心からお見舞い申し上げます。
.17 2016 未分類 comment0 trackback0

恐怖と勇気、ソクラテス賛美、「脳の発達」と「心の発達」との関係

 まず、「恐怖と勇気」であるが、われわれ人間の「心の中」に「恐怖心」が生じて来るのは、本来、「自己防衛的な働き」であり、一方、その「恐怖心」を何とか克服して、何らかの「行動(言動)」をしようとするためには、どうしても「勇気」というものが必要になって来るが、その「恐怖と勇気」についての基本的な考察であり、また、「ソクラテス賛美」では、プラトンは、なぜ「ソクラテス賛美」を書いたのか? その本文に添った考察であり、そして、「脳の発達」と「心の発達」との関係では、人間の<脳の「特性と可能性」>についての考察であるとともに、誕生からの「内的成長」についての考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.17 2016 未分類 comment0 trackback0

04/16のツイートまとめ

paidonsp

柿食へば 富嶽三十六景 辞世の句 西行の歌 #puboo https://t.co/vRqirHsByEこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-16 14:38

.17 2016 未分類 comment0 trackback0

04/15のツイートまとめ

paidonsp

「五輪書」(宮本武蔵)完全版(地水火風空之五巻) #puboo https://t.co/XlNTajQWMOこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-15 06:30

.16 2016 未分類 comment0 trackback0

「五輪書」(宮本武蔵)完全版(地水火風空之五巻)

 さて、今回は、『五輪書』(宮本武蔵)の完全版(地水火風空之五巻)であり、われわれ日本人の多くの人たちにとって、できれば一度は読んでおきたいと思いながらも、なかなかとっつきにくく、たとえ読み始めても、途中で挫折してしまうことも多いのでしょう。そこで、今回は、宮本武蔵の有名な『五輪書』には、一体、どのような「内容」のことが、一体、どのように書かれているのか? それらのことをぜひとも知りたいと思っている初心者の人たちから、最終的には「原文」で直接読んでみたいと思っている人たちまで、最初から最後まで興味を持ちながら簡単に読み進んで行くことができ、しかも、十二分に楽しめる内容になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
 例えば、宮本武蔵は、なぜ、自分の「剣法」を「二天一流」と号したのか? また、二天一流の心は、水を本(もと)とするとは、一体、どういう意味なのか? また、宮本武蔵の有名な「目付」とは、一体、どういうものになるのか? また、宮本武蔵が考える「武士の定義」とは、一体、どういうものなのか? また、心の持ち様の「平常心」とは、太刀の「持ち方」とは、「五つの構え」とは、「無念無相」の打(うち)とは、そして、宮本武蔵が到達した武芸の最究極の「境地」とは、また、極めて難解とされる「岩尾の身」とは、「万理一空」とは、さらに、「古木鳴鵙図」(こぼくめいげきず)や「宮本武蔵の自画像」、その他、それらすべての「謎」は解かれていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見て下さい。
.15 2016 未分類 comment0 trackback0

04/13のツイートまとめ

paidonsp

なぜ、刃傷事件は起きたのか、精神の自立について、徒然草の「最終段」 #puboo https://t.co/s5gAOBcNonこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-13 12:04

.14 2016 未分類 comment0 trackback0

なぜ、刃傷事件は起きたのか、精神の自立について、徒然草の「最終段」

 まず、「なぜ、刃傷事件は起きたのか」という作品では、どのような「状況」から「事件」は発生したのか? それを「原文」(特に「梶川氏日記」)に厳密に添って徹底的に考察したものであり、また、「精神の自立について」では、なぜ、戦後、このような「社会状況」になってしまったのか? それを「終戦」まで遡って考察し、また、精神が自立するとは、一体、どういうことなのかの考察であり、そして、徒然草の「最終段」では、なぜ、徒然草の「最終段」は、「八歳の時の想い出話」になっているのか? それを考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。 
.13 2016 未分類 comment0 trackback0

04/11のツイートまとめ

paidonsp

「罪と罰」について(ドストエフスキー原作) #puboo https://t.co/pssOK42kqlこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-11 17:55

.12 2016 未分類 comment0 trackback0

「罪と罰」について(ドストエフスキー原作)

 さて、『罪と罰』という作品は、世界的にも非常に有名な「作品」であり、それゆえ、世界中の多くの人たちがぜひとも一度は読んでおきたいと思って読み始めるかと思うが、しかし、多くの場合、途中で挫折をして、なかなか最後まで読み通せる人は、意外と少ないのではないかと思う。それゆえ、『罪と罰』という作品は、一体、どのような内容の作品なのか? その具体的な内容をよく知らない人たちも意外と多いのではないかと思う。そこで、今回は、最初から最後まで丁寧に順を追って考察していますので、それらの全体像がしっかりと観て取れる内容であるとともに、それぞれの内容に関する様々な「謎解き」にもなっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.11 2016 未分類 comment0 trackback0

04/06のツイートまとめ

paidonsp

宮沢賢治の世界 完全版 #puboo https://t.co/EetbAEUzQaこの「作品」を配信しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-06 15:26

.07 2016 未分類 comment0 trackback0

宮沢賢治の世界 完全版

 さて、今回の「宮沢賢治の世界」(完全版)というのは、『注文の多い料理店』と「風の又三郎』それに『銀河鉄道の夜』とを合わせたものであり、まず、最初の『注文の多い料理店』では、二人の若い紳士と一人の鉄砲打ち、それに二匹の猟犬とが奥深い山道で道に迷ってしまい、そこで不思議な経験をするという内容であり、また、『風の又三郎』では、一つは、風の子『風野又三郎』、一つは、人間の子『風の又三郎』、一つは、『種山(たねやま)ヶ原(はら)」、そして、もう一つは、『さいかち淵(ふち)」という、いわば「四つの作品」についての考察になっているとともに、作者は、なぜ<風の子『風野又三郎』から人間の子『風の又三郎」』>へと書き換えたのか? その最大の「謎解き」になっています。そして、最後の『銀河鉄道の夜』という作品も、実に様々な「謎を秘めた」作品であり、それゆえ、容易には理解しにくい「内容」になっているかと思うが、今回は、その「内容」の様々な「謎解き」の旅になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.06 2016 未分類 comment0 trackback0

04/05のツイートまとめ

paidonsp

「銀河鉄道の夜」について #puboo https://t.co/LNy3wgnY1Nこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-05 19:24

.06 2016 未分類 comment0 trackback0

銀河鉄道の夜について

 さて、今回の、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』という作品は、実に様々な「謎を秘めた」作品であり、それゆえ、容易には理解しにくい「内容」になっているかと思うが、今回は、その「内容」の様々な「謎解き」の旅になっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.05 2016 未分類 comment0 trackback0

04/04のツイートまとめ

paidonsp

「注文の多い料理店」と「風の又三郎」 #puboo https://t.co/Y5hzJT37vUこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
04-04 14:04

.05 2016 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

プロフィール

paidon

Author:paidon
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

リンク

QRコード

QR