自分とは何か 芥川龍之介の世界

 まず、最初の「自分とは何か」では、デカルトの「われ思う、ゆえに我あり」を厳密に読み解き、ほんとうの自分とは何かを徹底的に解明しているとともに、「小林秀雄とランボー」では、なぜ、ランボーをあれほど熱っぽく語ったのか? その「真意」の徹底的な考察であり、そして、「中原中也の思い出」では、圧倒的な「人気を得た」、中原中也の「ものの見方」が、再び、登場するとともに、有名な「汚れちまった悲しみに」についての考察にもなっています。一方、「芥川龍之介の世界」では、誰もがよく知っている「羅生門、杜子春、蜘蛛の糸、そして、藪の中」という、この最も有名な「四つの作品」の一体どこがどのように魅力的なのか? その「原文」にできるだけ寄り添った「内容考察」になっているとともに、最後の「藪の中」では、いわゆる三人の供述のくい違いの「謎解き」から、まさに事件の「真相」の解明になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
.31 2016 未分類 comment0 trackback0

03/30のツイートまとめ

paidonsp

芥川龍之介の世界 #puboo https://t.co/kUb5fUO9Mdこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-30 18:59

.31 2016 未分類 comment0 trackback0

03/29のツイートまとめ

paidonsp

夏目漱石の世界 草枕 #puboo https://t.co/QtwLZgXh0vこの「作品」を配信しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-29 18:35

.30 2016 未分類 comment0 trackback0

夏目漱石の世界 草枕

 さて、今回は、夏目漱石の代表作である『草枕』という作品の考察であるが、まず、『草枕』では、山途(やまみち)を登りながら考えた様々な「文学論」や「芸術観」などを想いつくままに語るという内容であり、その部分が「冒頭から全般」へと及び、そして、もう一つは、旅先の那古井(なこい)の温泉宿で偶然に出逢った「那美(なみ)さん」(その「お嬢さん」)との様々な「出来事」や、また、「能」や「お茶」、その他などに関する様々な考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.29 2016 未分類 comment0 trackback0

夏目漱石の世界 こころ

 さて、今回の夏目漱石の世界『こころ』という作品は、第一部「先生と私」、第二部「両親と私」、第三部「先生の遺書」という「三部」から成るものであり、われわれ日本人にいちばん多く読まれている作品の一つでありながら、なかなか作者のその真の「意図」がどこにあるのか判然としないところがあり、それゆえ、今回は、特に第三部「先生の遺書」の原文にできるだけ寄り添いながら深く考察したものであり、先生をはじめ、奥さんやお嬢さん或いはまたKの「心の動き」の考察とともに、その最大の「謎」である、「K」や「先生」の「自殺」の、その真の「動機」(真相)は一体どういうものであったのか? それらの「解明」(謎解き)になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.24 2016 未分類 comment0 trackback0

03/22のツイートまとめ

paidonsp

「五輪書」(宮本武蔵)第一部(地の巻) #puboo https://t.co/hum7j7KNRGこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-22 05:29

.23 2016 未分類 comment0 trackback0

「五輪書」(宮本武蔵)第一部(地の巻)

 さて、今回は、有名な『五輪書』(宮本武蔵)の考察であるが、それは、子供の頃から、映画やテレビドラマなどで数多く観てきた「剣豪・宮本武蔵」の実像を知るための作業であり、そのためには、どうしても宮本武蔵自身が実際に書き記した草稿を、弟子が完成させた『五輪書』をできるだけ丁寧かつ厳密に読み解く以外、いかなる道もないのである。そこで、今回は、『五輪書』(宮本武蔵)の「第一部」(地の巻)の考察になるが、その内容は、まず、兵法とは何か、兵法の道、大工にたとへたる事、この兵法の書、五巻に仕立つる事、なぜ、二天一流と名付けたのか、兵法に武具の利を知るといふ事、兵法の拍子の事、そして、心得「九項目」、その他、それらに関する考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.22 2016 未分類 comment0 trackback0

03/21のツイートまとめ

paidonsp

江戸川乱歩の世界 屋根裏の散歩者と陰獣 #puboo bhttp://p.booklog.jp/book/105422この「作品」を配信しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-21 13:17

.22 2016 未分類 comment0 trackback0

03/15のツイートまとめ

paidonsp

江戸川乱歩の世界 完全版 #puboo https://t.co/94YIvOSdeLこの「作品」を配信しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-15 04:34

.16 2016 未分類 comment0 trackback0

江戸川乱歩の世界 完全版

 さて、今回の『江戸川乱歩の世界(完全版)』は、乱歩の代表的な作品である『人間椅子』を初めとして、『盲獣』や『屋根裏の散歩者』それに『陰獣』その他などを一冊にまとめたものであり、われわれ日本人の多くの場合、映画やテレビドラマなどではそれらの有名な作品を映像で観るような機会は何度かあったかと思うが、それでは、その「原作」を「文章」で一字一句丁寧に読むようなことは、意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、できるだけ「原作」の文章に寄り添いながら、それらの「作品」の「内容と魅力」とを丁寧に考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.15 2016 未分類 comment0 trackback0

江戸川乱歩の世界 人間椅子と盲獣

 さて、今回の『江戸川乱歩の世界(人間椅子と盲獣)』というのは、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』という作品を合わせたものであり、どちらも人気の高い作品であり、それゆえ、映画やテレビドラマなどで何度か観た人は、非常に多いかと思いますが、しかし、書物(文章)として読むことは意外に少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、江戸川乱歩の『人間椅子』と『盲獣』の「本文」にできるだけ添いながら、その「魅力」を考察したものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.14 2016 未分類 comment0 trackback0

03/10のツイートまとめ

paidonsp

江戸川乱歩の世界 ② 盲獣 #puboo https://t.co/X6Nb4Yrt9qこの「作品」を配信しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-10 18:34

「思索」の森 Ⅰ  #puboo https://t.co/nhsua75wtoこの「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-10 02:46

.11 2016 未分類 comment0 trackback0

江戸川乱歩の世界 ②盲獣

 さて、この作品の主人公「盲獣」という人は、ある明治の大富豪の一人息子であり、その父親の死後、恐ろしいほどの財産を手に入れ、そこで、一つの「念願」を起こすが、それは、まず、盲目の悲しさは、きれいな女性や美しい景色を直接見ることはできない。その境遇を憎んだが、どうなるものでもない。盲人の世界に残されたものは、音と匂いと味と触覚ばかりだ。音は吹き過ぎる風のようで物足りなく、匂いは人間の嗅覚は犬ほど鋭敏ではなく、食べ物はただ腹がふくれるばかり。そう考えると、触覚こそ、盲人に残された享楽であり、このたった一つの享楽にとりすがった。いろいろな物の中でも、生き物の手ざわりが一番楽しく、最初はいろいろな動物たちの手ざわりを楽しんだが、どんな生き物も人間の女性に及ぶものではないとはっきりとわかった。そこでいろいろな女性の手ざわりを楽しんだが、財産も少なくなり、最後は、五年と残りの財産を費やし、地下室に女性のあらゆる部分で出来たアトリエをつくり、半年間は、そこに入りびたってそれをなでまわして有頂天になっていたが、相手は死物であり、やがて生きた女性が恋しくなり、その頃、まさに「水木蘭子の噂」を聞きつけ、ここから、まさにこの「作品の物語」が始まるのである。
.10 2016 未分類 comment0 trackback0

江戸川乱歩の世界 ② 盲獣

2016年3月10日(木曜日)

 さて、江戸川乱歩の「盲獣」の件でありますが、
作品は、すでに出来上がっており、いわば最終
確認をしているところであり、それゆえ、今日か
明日には配信できますので、興味や関心があり
ましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.10 2016 未分類 comment0 trackback0

03/03のツイートまとめ

paidonsp

超人、悪魔と神、修行、内的充実について #puboo https://t.co/K5sXkLqGN0この「作品」を更新しましたので、興味がありましたら、訪ねて見てください。
03-03 18:53

.04 2016 未分類 comment0 trackback0

超人、悪魔と神、修行、内的充実について

 さて、今回は、ニーチェの「超人」をはじめ、いわゆる「神や悪魔」とは、一体、どういうものになるのか? 読めば、誰でも「なるほど、そういうものか」と、はっきりと分かるように書いてありますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。また、宗教における修行というのは、また、悟りを開くとは、そして、その結果の「内的充実」というのは、一体、どういうものになるのか? さらに加えて、悪とは、悪の源泉、原罪とは何か、その他、そのような「問いかけ」に対する考察にもなっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.03 2016 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

プロフィール

paidon

Author:paidon
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

リンク

QRコード

QR