夏目漱石の「草枕」と「こころ」

 まず、「草枕」では、山途を登りながら考えた様々な<「文学論」や「芸術観」>をはじめ、「能」や「お茶」とは何かの考察であり、一方、「こころ」では、最大の「謎」である、「K」や「先生」の「自殺」の、その徹底的な「考察」の結果、ついにその「謎」が解けたという、まさに「決定版」になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
スポンサーサイト
.29 2013 未分類 comment0 trackback0

自分とは何か、小林秀雄とランボー、中原中也の思い出

  まず最初の「自分とは何か」では、デカルトの「われ思う、ゆえに我あり」を厳密に読み解き、ほんとうの自分とは何かを解明しているとともに、「小林秀雄とランボー」では、なぜ、ランボーをあれほど熱っぽく語ったのか? その「真意」の考察であり、そして、「中原中也の思い出」では、圧倒的な「人気を得た」、中原中也の「ものの見方」が、再び、登場ということで、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
.08 2013 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

プロフィール

paidon

Author:paidon
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

リンク

QRコード

QR