FC2ブログ

12/08のツイートまとめ

paidonsp

そこが「大きな利益」を上げるようになるのである。また、車、衣服類、家電類、その他、何であれ、「物」(商品)を無理に買わずに、必要な時だけ「レンタル」するという傾向も強くなって来ているのである。それは、結局、そのほうが経済的だからである。
12-08 21:48

例えば、今、CDが売れないという。それは、新聞も、雑誌も、書物も、漫画も、DVDも、その他、いわゆる「単品」(一品)では、すべて同じである。それは、なぜかと問えば、今や定額料金で「見放題、聴き放題、読み放題、その他」の方へと「大きく移動」して、②へ
12-08 21:35

スポンサーサイト
.09 2018 未分類 comment0 trackback0

12/07のツイートまとめ

paidonsp

その「言い方」や「付随した行為」が過激にならないように普段から心がけるべきことではあるが、それは、結局、その人の「人間性」が真に問われているということである。
12-07 08:04

それが「度を超して」、つまり、その「言い方」や「付随した行為」が余りに過激になればなるほど、当然のことながら、それは、まさに「パワハラ」「セクハラ」「差別」「虐待」「人権じゅうりん」その他になって行くのである。それゆえ、大事なのは、⑦へ
12-07 08:04

(そうするのはむしろ相手のためであり仕方なくそうするのだという自分を正当化した「間違った考え方」に基づいているのである)。一方、「される側の論理」としては、何らかのミスをする、言うことを聞かない、結果が出せなかったことに対しては、ある程度「叱られても」仕方ないとしても、⑥へ
12-07 08:04

それは、まさに「する側の論理」と「される側の論理」の違いから生じるものであり、まず、「する側の論理」というのは、相手が何かミスをする。言うことを聞かない、結果が出せない、その他、何であれ、それに対して、あれこれ言うだけでは収まらず、手も足も出てしまう。⑤へ
12-07 08:04

いわば「負の遺産」(それは「そうすることがいかにも正当であり当然のことのように思い込んでしまう」負の遺産)を受け継いでしまうのである。それは、一体、どういうことなのかと問えば、④へ
12-07 08:04

今度は、自分が「優位の立場」(「逆の立場」)となり、同じような状況になった時に、過去に「このような状況で殴られた」という「過去の記憶」(体験・経験)がふと思い出されてきて、「このような時には相手を殴っても仕方がないのだ」という、そういう、③へ
12-07 08:04

今、貴ノ岩の暴行が問題になっている。例えば、子供の頃、親から殴られた経験を持つ子供は、自分が親になった時に、自分の子供を殴る傾向になり易いと一般に言われている。それは、いわば「負の遺産」を受け継いでしまったのであり、過去に「このような状況で殴られた」という「過去の記憶」が、②へ
12-07 08:04

.08 2018 未分類 comment0 trackback0

12/06のツイートまとめ

paidonsp

それゆえ、大事なのは、その「言い方」や「付随した行為」が過激にならないように普段から心がけるべきことではあるが、それは、結局、その人の「人間性」が真に問われているということである。
12-06 15:39

あれこれ言うだけでは収まらず、手や足も出てしまう。そして、問題なのは、その「言い方」や「付随した行為」であり、その「言い方」や「付随した行為」が過激になればなるほど、当然のことながら、まさに「パワハラ」「セクハラ」「差別」「虐待」「人権じゅうりん」その他になって行く。⑤へ
12-06 15:39

それは、一体、どういうことなのかと問えば、それは、まさに「する側の論理」と「される側の論理」の違いから生じるものであり、まず、「する側の論理」というのは、相手が何かミスをする。言うことを聞かない、結果が出せない、その他、何であれ、それに対して、④へ
12-06 15:39

今度は、自分が「優位の立場」となり、同じような状況になった時に、過去に「このような状況で殴られた」という「過去の記憶」をふと思い出しては、このような時には相手を殴っても仕方がないのだ」という、そういう、いわば「負の遺産」を受け継いでしまうのである。③へ
12-06 15:39

今、貴ノ岩の暴行が問題になっている。例えば、子供の頃、親から殴られた経験を持つ子供は、自分が親になった時に、自分の子供を殴る傾向になり易いと一般に言われている。それは、いわば「負の遺産」を受け継いでしまったのであり、過去に「このような状況で殴られた」という「過去の記憶」が、②へ
12-06 15:39

.07 2018 未分類 comment0 trackback0

12/03のツイートまとめ

paidonsp

ほとんど何もないのである。それよりは、中国のような「経済発展」を遂げるほうが、遙かに「国益」に叶うからであり、ロシアのプーチン大統領は、「北方4島」にあくまでも固執するよりは、むしろ中国のような「経済発展」を遂げるほうがよいと、その「舵」を大きく日本に向けて「切った」のである。
12-03 12:34

中国と同じように「経済発展」を遂げたいということであり、そのためならば、北方4島のうちの「2島」ぐらいは、日本に返還してもよいとさえ考えているのである。それは、一体、なぜなのか? それは、ロシアにとって「北方4島」を所有していても、領海や漁業上の利益以外は、⑧へ
12-03 12:34

このことが、恐らく、ロシアのプチーン氏の「頭の中」にもあって、日露間にある実に「様々な問題は棚上げ」にして、とにかく、日露「平和条約」を最優先で締結して、そして、日本からの可能な限りの「経済援助と技術援助」その他などを受けて、⑦へ
12-03 12:34

そして、日本からの可能な限りの「経済援助と技術援助」その他などを受けることによって、(もちろん、それ以外の実に様々な要因はあっただろうが)、わずか46年前後で今日のようなアメリカに次ぐ「経済大国」にのし上がったのである。⑥へ
12-03 12:34

むろん、経済上の資本主義を取り入れたという「大転換」があったからではあるが、それだけではなく、もう一つの「原点」はどこにあったかと問えば、それは、日中間にあった実に「様々な問題は棚上げ」にして、とにかく、日中「国交正常化」を最優先で締結して、⑤へ
12-03 12:34

これは、一体、どういうことを意味するのだろうか? それは、次のようなことである。――まず、ロシアのプーチン氏の「頭の中」にあったのは、やはり「中国の驚異的な経済発展」であり、あの「文化大革命」直後の「ドン底の経済状況」から、なぜここまで発展して来たのかと考えた時に、④へ
12-03 12:34

そこで私の考えは、日露の平和条約を今ではないが、今年が終わる前に、前提条件を付けずに締結しよう」というものであり、この提案について、「……いま思いついたことだが、ジョークではない」と語ったとある。③へ
12-03 12:34

例えば、ロシアのプーチン氏は、今年9月12日の東方経済フォーラムの席で突如、「……年末までに平和条約を締結しよう」と提案した。「……われわれは70年にわたって交渉してきたが、思うような結果は得られていない。②へ
12-03 12:34

.04 2018 未分類 comment0 trackback0

12/01のツイートまとめ

paidonsp

夏目漱石の世界 草枕(旧バージョン) #puboo https://t.co/z7KEjrtfQKこの「作品」を更新しましたので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
12-01 18:47

.02 2018 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

プロフィール

paidon

Author:paidon
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

リンク

QRコード

QR